トップページへ戻る > 洗濯に関する問題例

洗濯に関する問題例

<問題>
酸素系漂白剤の使い方で、間違っているのはどれでしょう。

A 色柄ものの衣類にも使える。
B 毛・絹には使えない。
C 洗剤といっしょには使えない。

<答え>
酸素系漂白剤は、色柄ものに使え、洗剤といっしょに洗濯機に入れてしまって構いません。
漂白剤には、粉末タイプのものと、液体タイプのものがあります。
液体の方が、どんな素材にも使え、汚れたところに直接塗ることが出来て便利です。
なので、Cが正解です。

<問題>
上手な洗濯機の使用方法はどれでしょう。

A 水量・洗剤とも少ないほうがよい
B デリケートな衣類はネットに入れ、最後に入れる
C 重いものは最後に入れる

<答え>
洗濯物は、入れる順番で洗浄力が違ってきます。
まず、洗濯機の底に、ジーンズなどの重いものを入れます。
ブラウスや下着などの、軽くてデリケートなものは、からまないようにネットにいれ、最後に上にのせるように置きます。
水量も、洗剤の量も、洗濯物との重量のバランスが大事です。
少なすぎては十分に汚れがおちません。
なので、Bが正解です。

<問題>
スエードの汚れを取るにはどんな方法が適しているでしょう

A 堅く絞ったの布で、叩き落とす 
B 消しゴムを使う
C 皮用クリームで落とす

<答え>
スエードはバックスキン(裏皮)のことで、細かい毛の間に汚れが入り込みます。皮用クリームは表皮用のものが多く、スエードには使えません。また、水分は変色やシミの元となってしまいます。汚れを落とすには、消しゴムで叩くようにして、汚れを落とします。手入れが大変な素材だと知っておくことが重要ですね。
なので、Bが正解です。

<問題>
シミ抜きの基本で、間違っているのはどれでしょう。

A 絶対にこすらない
B できるだけ早く処置する 
C 血液以外の汚れには、お湯を使う

<答え>
シミは、時間がたつほど落としにくくなるため、できるだけ早く応急処置しておくことが肝心です。こするとシミが広がるので、シミの下にハンカチなどを当て、上からタオルなどで叩いておきます。素材によっては、色落ちする可能性があるので、お湯は使いません。
なので、Cが正解です。

<問題>
環境にやさしい洗濯方法で、正しくないのはどれでしょう。

A 洗剤の適用を守る 
B こまめに洗濯する
C おふろの残りを使う

<答え>
環境に悪影響を及ぼす原因として、洗濯で使う排水の問題があります。排水量が多すぎたり、余計な洗剤量で分解されにくいと、水質汚染の原因になります。洗剤は適量を守り、まとめ洗いすることで排水量を増やさないことがエコ洗濯の基本です。
なので、Cが正解です。

<問題>
衣類の汚れは大きく分けると3種類あります。水性、油性となんでしょう。

A 酸性 
B 中性
C 不溶性

<答え>
不溶性とは、水にも油にも溶けない汚れのことです。髪の毛やフケ、アカ、ほこりなどが不溶性です。水に溶ける水性は汗や血液、尿汚れなど。水洗いで汚れを落とすことができます。油に溶ける油性は、皮脂や公事の油汚れなど。洗剤を使って落とさなければなりません。
なので、Cが正解です。

<問題>
赤ちゃんの衣類に最適な洗剤はどれでしょう。

A 洗濯石鹸 
B 中性洗剤
C 弱アルカリ洗剤

<答え>
三つのなかでいちばん洗浄力が穏やかなのが中性洗剤です。赤ちゃんや、肌の弱い人の衣類は、生地の影響は少ない中性洗剤で洗うのが適しています。弱アルカリ性洗剤や洗濯石鹸は洗浄力が高いのですが、洗いあがりが固めて、素材が早く痛みます。
なので、Bが正解です。

<問題>
カレーやミートソースなど、食事の油が飛んだときのシミは何で落としますか。

A 台所用中性洗剤 
B 酢 
C 消毒用エタノール

<答え>
水と油が混ざったシミは、台所用の中性洗剤で落とすことができます。できるだけ早く歯ブラシや布などに中性洗剤を付け、叩いて落とします。それでも残ってしまった場合は、酸素系の漂白剤を使用します。
なので、Aが正解です。

<問題>
洗濯物の干し方で、よくないのはどれでしょう。

A 色柄ものの衣類は、裏返しにして干す
B 型くずれを防止するために、セーターはハンガーにかけて干す
C Tシャツは、干す前に叩くとシワが伸びる

<答え>
セーターやニット生地など、伸びやすい素材はハンガーにかけておくと、水分の重みで型くずれの原因になります。平らなところにおいて、日陰で乾かす方がよいものです。木綿のブラウスやTシャツなどは、形を整えて両手でバンバン叩いてOK。シーツなど大きなものは、竿にかけてから両端を引っ張るとシワが少なく乾きます。色柄ものや、色あせしやすいデリケートな素材は、裏返しにして干すか、陰干しがおすすめです。シルクやナイロンなどは、日光によって変色しやすいので注意しましょう。
なので、Bが正解です。

<問題>
真っ黒に汚れた靴下を白くする方法はどれでしょう。

A こすり洗いをしてから、洗濯機で洗う 
B 洗濯機で2度洗いする
C 塩素系漂白剤で、つけおき洗いをする

<答え>
靴下の汚れは、洗濯機に入れる前に予備洗いするのがいちばんキレイになる方法です。靴下の汚れた部分に、洗濯石鹸を付け、手や洗濯板でこすり洗いしておきます。
なので、Aが正解です。

関連エントリー

購入体験
家事検定をよく知ろう!
家事検定って知ってますか?
家事の価値とは?
家事検定はどこで?
家事検定を受けてみたい方
家事検定の受験内容は?
料理について学ぶ
食べる事と料理について
材料別と形式別の料理
調理方法と加熱方法について
旬の素材を知っておきましょう
世界の料理を学ぶ
料理道具について
材料の切り方を学ぶ
材料の量り方
掃除の仕方を学ぶ
掃除の基本
掃除に使う道具と洗剤
掃除のカビ対策
キッチン掃除を学ぶ
バスルームの掃除を学ぶ
トイレの掃除を学ぶ
洗濯の仕方を学ぶ
洗濯を学ぶ
シミや汚れを点検しよう
洗剤について良く知ろう
洗濯機の使い方
衣類の素材や繊維について
収納の仕方を学ぶ
収納について
収納のコツ
衣類の収納を学ぶ
インテリアについて
収納の実例紹介
収納グッズを利用しよう
家計管理を学ぶ
家計管理の家計簿
預金について
教育に掛かるお金
住宅に掛かる費用
保険について
税金にいて学ぶ
家庭マナーを学ぶ
マナーとは
パブリックマナーについて
テーブルマナーを学ぶ
冠婚葬祭の冠
冠婚葬祭の婚
冠婚葬祭の葬
冠婚葬祭の祭
お見舞いのマナー
暮らしの手入れを学ぶ
衣類の手入れ
DIYについて学ぼう
壁やタイルの補修には?
家事に関する問題
料理に関する問題例
キッチン掃除に関する問題例
掃除に関する問題例
洗濯に関する問題例
収納に関する問題例
家計管理の問題例
マナーに関する問題例
衣類に関する問題例
暮らしに関する問題例
幼稚園の運動会での成長。
今はとても楽しいばかり
初めての子育てで知ったこと
結婚について
挙式から披露宴までのバス移動
堅苦しさの無い結婚式
田舎の結婚式は
出産に立ち会ってはもらったけど
家庭の情報源
子育てと絵本の読み聞かせ
夫婦喧嘩になってないんだけど…
旦那の曖昧な返事でイライラ
ためていた学資では、とうてい足りなくなりました。
子どもの教育費
死亡保険を利用して教育資金を積み立ててます
初めての妊娠の時なんにも手伝ってくれなかった旦那
たくましく生きていく能力
夜中に起きるのは辛い!
子供に期待するのが学力など
可愛い我が子ですがたまにイライラしてしまいます
リンク集
リンク1
リンク2
Copyright © 2008 共働きの夫婦を応援!家事まるわかり検定. All rights reserved